本文へスキップします。

【全・共通】ヘッダーリンク

カスタム検索

H1

ISO45001(労働安全衛生マネジメントシステム)発行情報

コンテンツ

  ISO(国際標準化機構)では新たな規格としてISO45001(労働安全衛生マネジメントシステム)の開発が進んでいます。2015年11月には国際規格原案であるDIS45001が発行され、2016年秋を目標にISO規格の発行、2017年4月にはこれに基づくJIS規格の発行が予定されていましたが、2016年5月のDIS投票では不承認となり、今後の動向が注目されています。
  一方、OHSAS18001(労働安全衛生マネジメントシステム)については、ISO45001発行後に認証が一定期間をおいて失効することが決定し、認証を維持するためには移行が必要となりました。

NEW!  ISO45001開発情報  (2017年2月現在の状況)

 2017年2月に開催されたISO/TC283ワーキンググループ会議により、ISO45001のDIS2(国際規格案)は2017年4月に発行される予定となりました。
 発行後は各国言語による翻訳が行われ、あわせて投票が行われる予定です。投票の締め切りは2017年7月末で、その後、9月の同会議で承認が得られれば10~11月にISO45001が発行される見込みです。ただし、最終国際規格案(FDIS)の段階に進む場合、ISO発行は2018年4~6月頃になる見込みです。


NEW! ISO45001規格発行の見通し(2017年2月現在の予定)

 今後のISO45001発行の日程の見通しは次のようになります。

  ・最終規格原案(FDIS)段階をスキップする場合
   2017年10月~11月頃
 ・最終規格原案(FDIS)が発行される場合
   2018年4~6月頃

OHSAS18001からISO45001への移行について(2016年1月現在の状況)

 IAF(国際認定フォーラム)ミラノ総会(2015年10月開催)において、IAF移行タスクフォース(TF)とOHSAS18001:2007を作成・制定したOHSASプロジェクトグループが共同で開発している、移行のための文書の草案が紹介されました。内容は次の通りです。

 (1) 移行期間はISO45001発行後3年間

   (2) 移行期間の後、OHSAS18001認証は一定の期間をおいて失効

   (3) ISO45001発行から2年以降は、OHSAS18001の新規認証は認められずISO45001のみの認証となる。


ISO45001に対応した日本工業規格(JIS)について(2016年12月現在の状況)

 2016年5月のDIS投票結果が不承認だったため、JIS発行も遅れる見込みです。  ※追加情報があり次第更新予定

当センターにおけるISO45001発行対応について

 当センターはISO45001発行にあわせて関連情報、手続き、イベント等を随時ご案内致します。

 

ISO審査本部・開発部

へのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話03‐3664-9238

ファックスでのお問い合わせ

ファックス03‐5623-7504 

メールでのお問い合わせ

メールfukuoka.jpg