本文へスキップします。

【全・共通】ヘッダーリンク

カスタム検索

H1

VOC放散速度基準適合証明

コンテンツ

事業の概要

当センターでは、「建材からのVOC放散速度基準化研究会」が平成20年4月に制定・公表した「建材からのVOC放散速度基準」に基づき、建材等の適合証明を行います。

証明の内容

この証明では以下の事項を審査し、審査結果を統合して判定した結果として、適合証明書を交付します。

審査事項

1.建材等のVOC放散性能
2.建材等の品質管理体制
3.工事現場での品質確保性

証明対象について

居室に使用される次のものになります。
(1) JIS A1902-1で対象としている建築用ボード類、壁紙、床材
(2) JIS A1902-2で対象としている接着剤
(3) JIS A1902-3で対象としている塗料、建築用仕上塗材
(4) JIS A1902-4で対象としている断熱材
(5) その他、対象VOCを使用している資材のうち当該基準で評価することが合理的なもの

※ JIS A1902-1~A1902-4は、建築材料の揮発性有機化合物(VOC)、ホルムアルデヒド及び他のカルボニル化合物放散量測定におけるサンプル採取、試験片作製及び試験条件を規定した規格です。
JISの内容につきましては、日本工業標準調査会(JISC)にてご参照ください。

申請の流れ

証明の申請の流れは次のとおりです。申請方法については、申請手引きも併せて参照してください。

1.事前打合せ

証明の申請にあたっては、当センター適合証明課の担当者と打合せを行い、証明対象を確認した上で、必要事項が記載された申請図書を作成いただく必要があります。

事前打合せにて主にご説明いただく事項

・証明を取得しようとする建材等の概要(形状、寸法、材料構成、図面など)
・建材等の品質管理体制

2.申請図書の提出・受付

事前打合せの結果に基づき、申請図書を作成してください。

申請に必要な資料

1)適合証明申請書

2)資材概要説明書
・申請者の属性を示す資料
・品質管理体制、工事現場での品質保証を示す資料

申請書、資材概要説明書の記載・作成方法は、申請手引きを参照してください。

資料については、こちらをご参照ください。

申請の受付

申請の受理と併せて、請求書を発行します。

3.サンプリング

当センターの調査員にて、試験体のサンプリングを行います。

4.性能確認試験の実施

サンプリングした試験体に基づき、VOC放散性能の確認試験を実施します。

5.審査

申請された内容について、「VOC放散速度の証明基準」に基づき、建材からのVOC放散速度基準への適合性を適合証明判定委員会 空気環境部会にて審査します。

・審査基準については、こちらをご参照ください。
・委員会の開催予定については、こちらをご参照ください。

なお、申請図書にて審査・判断できない場合には、申請者と協議の上製造工場の立入り検査(費用別途加算)を行う場合があります。

6.証明書の発行

審査の結果、基準に適合すると判断されたものについて、「適合証明書」を発行します。
通常、申請の受理から証明書の発行まで約1~2ヶ月です。
証明の有効期間は、証明書発行日より3年間です。

7.証明内容の変更・更新

証明内容の変更

証明書を取得後、生産条件の変更等により証明内容を変更する場合には、「変更申請」の手続きが必要になります。

証明の更新

証明を継続するためには、証明書に記載された有効期限が切れるまでに「証明の更新申請」の手続きが必要になります。

更新に必要な申請書は、こちらをご参照ください。

変更・更新の手続き方法については、性能評価本部までお問合せ下さい。

料金

24万円(税別)/申請

(ISO9001等による品質管理体制を有する場合の額。サンプリングの出張諸経費、試験費用は別途)

証明の料金は、料金表を参照してください。料金表は、こちらをご参照ください。

証明した案件

これまでに当センターが証明した案件の概要を公表しています。

案件は、こちらをご参照ください。

性能評価本部

へのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話048-920-3816

ファックスでのお問い合わせ

ファックス048-920-3823