事業のご案内
パンフレット
資料請求

地球温暖化対策技術分野(照明用エネルギー低減技術)

民生部門におけるエネルギー起源CO2の排出量は、我が国全体におけるCO2排出量の1/3を占めており、さらに東日本大震災の影響により逼迫する電力不足への対策の必要性も相まって、ビルや住宅における消費電力低減は重要な課題となっています。
中でも、ビルや住宅の照明に関する対策は重要です。これは、照明が、その電力消費量が建物全体の消費量に占める割合が大きく、また照明の消費電力低減は、発熱を抑えることで空調電力の低減にもつながり、対策することの効果が大きいからです。このことから、照明ランプだけでなく周辺設備や照明手法の工夫による総合的な照明の消費電力低減が必要となります。
以上のことから、環境技術実証事業では、地球温暖化対策技術分野の一つとして、照明用エネルギー低減技術を対象技術分野とすることとなり、平成23年度より技術の検討及び実証が開始されました(分野名は平成25年度より「地球温暖化対策技術分野(照明用エネルギー低減技術)」分野に変更されました)。

 

新着情報

新着情報はありません。

 

年度別事業内容

平成27年

技術実証検討会(第1回)開催のお知らせ

ETV事業セミナー「省エネルギー照明技術の研究・実証動向」開催のお知らせ

実証対象技術の募集について

平成27年度環境技術実証事業(照明)実証対象技術の選定結果のお知らせ*

技術実証検討会(第3回)開催のお知らせ*

実証試験結果報告書の承認及びロゴマーク交付について*

* 予定が決まり次第随時更新します。

環境技術実証事業

に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話048‐920‐3814

ファックスでのお問い合わせ

ファックス048‐920‐3821

Topへ
Copyright © 2016 Japan Testing Center for Construction Materials(JTCCM), All Rights Reserved.