本文へスキップします。

【全・共通】ヘッダーリンク

カスタム検索

H1

お知らせ

お知らせ:一覧・詳細

12/13 JTCCMセミナー「JSTM講習会」開催のご案内

2017/11/07

平成29年度JSTM講習会

   コンクリート溶融スラグ骨材は、2006年7月にJIS A 5031(一般廃棄物、下水汚泥又はそれらの焼却灰を溶融固化したコンクリート用溶融スラグ骨材)が制定され、コンクリートへの利用と普及が推進されてきました。しかし、2008年にJIS A 5031に適合しない産業廃棄物由来の溶融スラグがコンクリート用として不適切に使用され、コンクリートの表面に現れたポップアウトが大きな社会問題となりました。その後、当センターの調査研究事業において溶融スラグ骨材がポップアウトを起こすかどうかを確認する試験方法を3つ開発し、そのうちの2つの試験方法は2016年にJIS A 5031に規定されました。「JSTM C 2001 溶融スラグ細骨材を用いたコンクリートのポップアウト確認試験方法」は、JISに採用されなかった「コンクリートによるポップアウト確認試験方法」をコンクリート製品の品質管理試験方法として利用できるよう再検討し作成したものです。本講習会では本規格の制定の背景、具体的な規格の内容について詳しくご紹介するとともに、"煮沸法"および"促進法"によるポップアウトの発生状況について広くご紹介させていただくものです。
多くの方々のご参加を心よりお待ち申し上げております。

 

開催概要   

 
主催 一般財団法人建材試験センター
後 援(予定) 一般社団法人日本産業機械工業会 / 全国生コンクリート工業組合連合会・全国生コンクリート協同組合連合会 /
一般財団法人日本規格協会
開催日時  2017年12月13日(水)14:00から16:00まで(13:30開場)
開催場所

一般財団法人建材試験センター日本橋オフィス6階 A・B会議室

定 員  50名(先着順)
参加費  2,160円(税込)
備 考

参加費は、開催日の前日までにお振込ください。

なお、振込手数料は参加者でご負担願います。 

プログラム

時間  演題  講演者(所属)
14:00~ 開会挨拶 鈴木澄江(建材試験センター経営企画部)
14:05~

JSTM C 2001制定の背景とJIS A 5031:2016について
(規格制定の背景、規格の必要性など)

小山明男 (明治大学 理工学部 建築学科 教授)
14:50~ 休憩  
15:00~ JSTM C 2001によるポップアウト確認試験方法 について
(規格の解説、煮沸法及び促進法によるポップアウトの発生状況について)

志村明春(建材試験センター中央試験所 材料グループ)

15:40~ 質疑応答   
16:00 閉会
司会:調査研究課 室星しおり

お申込み方法

 
お申込みは、「お申込みフォーム」、E-mailおよびFAXにて承っております。

お申込みフォーム

こちらからフォームへお進みください。

 

E-mail・Faxをご希望の方

E-mailアドレス event-sec@@@jtccm.or.jp  または FAX 048-920-3821 に、

件名を「JSTM講習会」としていただき、 以下の情報を記載の上、お申し込みください。

  • 氏名(フリガナを含む)
  • 勤務先(部署名・役職名)
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号
  • 電子メールアドレスまたはFAX番号
  • お振込人名義
  • お振込予定日 

(迷惑メール防止のため、@を3つ続けて記載しています。お送りいただく際は、1つに変更〔2つ削除〕してください。)

 

講習会の開催案内(印刷用)

 

開催案内の印刷用PDFは下記からダウンロードできます。

JTCCMセミナー「JSTM講習会」開催のご案内(PDF)

調査研究課

へのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話048‐920‐3814

ファックスでのお問い合わせ

ファックス048‐920‐3821

 

一覧をみる