本文へスキップします。

【全・smt用】ヘッダーリンク

【全・共通】ヘッダーリンク

カスタム検索

【全・smt用】カスタム検索

H1

2009年度調査研究事業報告

コンテンツ

当センターでは、官公庁や民間企業・団体などからの依頼を受け、政策の普及促進や国内外標準化活動、技術開発を支援する試験・評価方法の開発等を目的とした調査研究を実施しています。調査研究の課題は時々の社会ニーズに沿ったものが多く、近年では住宅・建築物の長期使用、資源の有効活用、地球温暖化対策、居住環境の安全・安心といった課題が中心になっており、試験・評価方法の開発を進めています。ここでは、2009年度に委託を受けて実施した6件の調査研究について、その成果の概要を報告します。

1.住宅用外装材の長期耐久性評価手法に関する標準化

(1)概要

経済産業省からの委託事業で、主に窯業系外装材を対象に、従来よりも長期間の耐久性を予測するための評価手法の開発を進めている。

(2)2009年度の成果

初年度(2008年度)に引き続き、主に窯業系外装材を対象として、個別の劣化因子について分析を行い、これまでの外装材の耐久性評価手法に基づき、より長期的な耐久性の評価を可能とする予測評価手法を確立し、長期耐久性に関する試験方法の標準化原案の作成を目指して検討を進めた。また、昨年度は東京大学との共同研究として調査研究を実施した。
調査研究内容は、文献調査、検証実験、劣化メカニズムの理論的検討及び具体的な促進試験方法(案)の検討についてである。当センター並びに東京大学で実施した調査内容については、当センター内に設置した委員会(本委員会、メカニズムWG及び試験方法WG)において審議され、成果報告書として取りまとめた。


(3)2010年度の計画

昨年度までの成果を受けて、今後、具体的な長期耐久性の試験方法の検討、標準化原案への取組みが計画されている。

2.コンクリート用溶融スラグ骨材の試験方法等の標準化

(1)概要

(株)三菱総合研究所からの委託事業で、溶融スラグ骨材を用いたコンクリートにおけるポップアウトの発生原因究明及びその予防対策としての試験方法についての実験研究・開発を進めている。


(2)2009年度の成果

JIS A 5031が制定された2006年以降の溶融スラグ骨材及び溶融スラグ骨材を使用したコンクリートの実態を把握するために、溶融施設を設置・管理運営する自治体等の事業所、溶融炉を製造する企業並びに溶融スラグをコンクリート用骨材として使用する立場にあるコンクリート製品の製造企業に対してアンケート調査を実施した。また、コンクリート中に混入するとポップアウトを発生させる原因の一つとされている生石灰について、モルタルによるポップアウト確認のための促進試験方法に関する実験検討を行った。加えて、JIS A 5031追補改正原案についても審議を行い、追補改正原案の提案を行った。


(3)2010年度の計画

本年度は、ポップアウト確認試験方法について、コンクリート試験との関係を実験的に検討するとともに、試験方法の再現性、適用性並びに試験頻度、判定基準等についても検討を行う予定である。



2009年度調査研究事業報告

>>>   2ページ目

>>>   3ページ目

PDFファイル

 

調査研究課へのお問い合わせ ● お電話でのお問い合わせ 電話 03-3527-2133 
● ファックスでのお問い合わせ ファックス 03-3527-2134