本文へスキップします。

【全・smt用】ヘッダーリンク

【全・共通】ヘッダーリンク

カスタム検索

【全・smt用】カスタム検索

H1

発熱性、不燃性、ガス有害性、基材、表面試験器での試験

コンテンツ

壁紙内外装材などの防火材料について、防火性能を検証します。
不燃材料などの大臣認定やJIS認証を取得するために建築材料の防火性能を検証するために使われている試験です。
発熱性試験の状況

中央試験所・防耐火グループ

へのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話048-935-1995

ファックスでのお問い合わせ

ファックス048-931-8684

西日本試験所

へのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話0836-72-1223

ファックスでのお問い合わせ

ファックス0836-72-1960

試験装置の概要

発熱性試験(コーンカロリーメーター試験)

発熱性試験は、一定の輻射熱を照射する試験です。試験中は酸素の消費量等を測定し、定められた計算式により熱量を算出します。 また、試験後は防火上有害な亀裂・貫通等の有無を確認します。
試験体寸法
幅:99×99mm
最大厚さ:50mm
発熱性試験器

不燃性試験

不燃性試験は、750℃に安定させた炉の中に、試験体を挿入し、温度上昇や質量減少率などを測定します。
試験体寸法
幅:φ44mm
高さ:50mm
不燃性試験器

ガス有害性試験

ガス有害性試験は、加熱された試験体から発生する有害ガスを評価します。 
※ガス有害性試験は「構造方法等の認定」に係る性能評価試験でのみ実施しております。 

試験体寸法

幅:220×220mm
高さ:50mm
ガス有害性試験器

基材試験

基材試験は、750℃に安定させた炉の中に、試験体を挿入し、温度上昇などを測定します。

試験体寸法
幅:40×40mm
高さ:50mm
基材試験器

表面試験

表面試験は、加熱された試験体から発生する煙の濃度や残炎時間、排煙温度などを測定します。
試験体寸法
幅:220×220mm
最大厚さ:50mm
表面試験器

試験項目

試験対象

試験項目

試験方法

不燃材料、準不燃材料、難燃材料などの国土交通大臣の認定が必要なもの

発熱性試験

ガス有害性試験

不燃性試験 

防耐火性能試験・評価業務方法書
JISに規定された材料 発熱性試験 JIS A 6301 附属書など
建築物の内装材料および工法

基材試験

表面試験 

JIS A 1321