本文へスキップします。

【全・smt用】ヘッダーリンク

【全・共通】ヘッダーリンク

カスタム検索

【全・smt用】カスタム検索

H1

疲労

コンテンツ

鋼橋や床版、外壁などは、風荷重などの周期的に変化する繰返し荷重を受けています。これらの部材は、静的な破壊荷重より遥かに小さい応力で破壊に至る場合があり、疲労耐久性に配慮した部材や継手を選定する必要がありますこのように繰返し荷重を想定した鉄筋継手の引張疲労、各種パネル類の曲げ疲労試験を行っています。

中央試験所・構造グループ

へのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話048-935-9000

ファックスでのお問い合わせ

ファックス048-931-8684

西日本試験所

へのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話0836-72-1223

ファックスでのお問い合わせ

ファックス0836-72-1960

引張・圧縮疲労

試験対象 代表的な試験方法・規格
溶接継手、機械式継手、吊ジグ、コンクリート供試体

・鉄筋定着・継手指針((一社)土木学会)

・2007年版建築物の構造関係技術基準解説書3.7.3鉄筋の継手及び定着((一財)建築センター)

鉄筋継手の引張疲労試験

曲げ疲労

試験対象 代表的な試験方法・規格
壁パネル、床パネル、覆工板、埋設部材

・JIS A1414-4(建築用パネルの性能試験方法)第4部5.3繰返し曲げ試験

・消防防災用設備等性能評定試験((一財)日本消防設備安全センター)

壁パネルの曲げ疲労試験
壁パネルの曲げ疲労試験