本文へスキップします。

【全・smt用】ヘッダーリンク

【全・共通】ヘッダーリンク

カスタム検索

【全・smt用】カスタム検索

H1

構造耐力

コンテンツ

木造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造の主要構造部材をはじめ、ドア、バルコニーやガラスといった建築物を安全で機能的に活用するために不可欠な建築部品に関して構造性能試験を行っています。また、構造性能試験と平行し、試験体に用いた各種材料の機械的性質に関する試験も行っています。なお、所有する試験装置の容量を上回る試験依頼についても、他の公的機関等の試験装置を活用し試験に対応しています。

中央試験所・構造グループ

へのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話048-935-9000

ファックスでのお問い合わせ

ファックス048-931-8684

西日本試験所

へのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話0836-72-1223

ファックスでのお問い合わせ

ファックス0836-72-1960

面内せん断

試験対象 代表的な試験方法・規格
木造、RC造、鉄骨造等の構面、架構

・木造耐力壁及びその倍率の試験・評価業務方法書((一財)建材試験センター)

・JIS A 1414-2(建築用パネルの性能試験方法)第2部5.5面内せん断試験

・低層建築物の構造耐力評定に関する技術規程((一財)日本建築センター)

木造壁の面内せん断試験

変形追随性

試験対象 代表的な試験方法・規格
各種非耐力壁、片開きドアセット、飛散防止フィルム

・JIS A1414-2(建築用パネルの性能試験方法)第2部5.9変形追従性試験

・JIS A 1521(片開きドアセットの面内変形追随性試験方法)

・JIS A 5759(建築窓ガラス用フィルム)、6.10 b) 層間変位試験

建築窓ガラス用フィルムの層間変位試験

曲げ

試験対象 代表的な試験方法・規格
木造、RC造、鉄骨造等の各種パネル、コンクリート二次製品、木造住宅用接合金物

・JIS A1414-2(建築用パネルの性能試験方法)第2部5.3曲げ試験

・建築材料・設備機材等品質性能評価実施要領((一社)公共建築協会)

ALCパネルの曲げ試験

軸圧縮

試験対象 代表的な試験方法・規格
鉛直支持部材、柱、コンテナパレット、パイプサポート

・JIS A1414-2(建築用パネルの性能試験方法)、第2部、5.1面内圧縮試験

・JIS A 3304(組立仮設建築物の構造設計標準)5.6.3(6)柱試験方法

・JIS A 8651(パイプサポート)6.3両端平押しによる圧縮強度試験

れんが祖積体の圧縮試験

局部荷重

試験対象 代表的な試験方法・規格
床パネル、乾式二重床、
フリーアクセスフロア、
バルコニー

・JIS A1414-2(建築用パネルの性能試験方法)、第2部、5.4局部荷重曲げ試験

・JIS A 1450(フリーアクセスフロア構成材 試験方法)、6.2静荷重試験

フリーアクセスフロアの局部荷重試験

衝撃

試験対象 代表的な試験方法・規格
床パネル、壁パネル、飛散防止フィルム、体育館用鋼製床下地材、手すり

・JIS A1414-2(建築用パネルの性能試験方法)第2部5.6衝撃試験

・JIS A 5759(建築窓ガラス用フィルム)6.10 a) ショットバッグ試験

・JIS A 5702(硬質塩化ビニル波板)7.4衝撃試験

振り子式衝撃試験

せん断

試験対象 代表的な試験方法・規格
木造住宅用接合金物、あと施工アンカー、各種継手・接合部、RC造梁

・木造軸組構法建築物の各部要素の試験方法と評価方法

・あと施工アンカー標準試験方法・同解説((一社)日本建築あと施工アンカー協会)

木造仕口のせん断試験
RC梁の曲げせん断試験

引張・圧縮

試験対象 代表的な試験方法・規格
木造住宅用接合金物、あと施工アンカー、各種継手・接合部

・木造軸組構法建築物の各部要素の試験方法と評価方法

・2007年枠組壁工法建築物構造計算指針((一社)日本ツーバイフォー建築協会)

・あと施工アンカー標準試験方法・同解説((一社)日本建築あと施工アンカー協会)

木造仕口の引張試験
あと施工アンカーの引張試験

その他

試験対象 内容
大規模構造物

・杭の曲げ試験

・RC造壁の正負交番載荷試験

大規模RC部材の構造実験
大規模RC部材の構造実
於:(独)建築研究所