本文へスキップします。

【全・smt用】ヘッダーリンク

【全・共通】ヘッダーリンク

カスタム検索

【全・smt用】カスタム検索

H1

構造試験事例紹介

コンテンツ

2層壁の面内せん断試験

株式会社 ポラス暮し科学研究所の試験体提供等のご協力のもと、2層壁の面内せん断試験を実施いたしました。
株式会社 ポラス暮し科学研究所では建築技術訓練校の支援も行っており、授業の一環として生徒さんに試験の見学をして頂きました。

試験の概要は以下の通りです。

 試 験 体  : 木造筋かい耐力壁及び面材耐力壁の1層と2層部分
 加力位置  : 1層梁芯及び2層梁芯、建物に地震による外力が作用したことを想定
 加力サイクル  : 1層の見かけのせん断変形角がグレー本に定める変形角となるように実施
 荷重の比率  : 1層の荷重(P1):2層の荷重(P2)=1:1

今回は通常の変位計を使った計測の他、画像計測も行っております。
画像計測により各部変形状況の計測を行ったデータや、試験状況の動画をアップする予定でいますので、ご期待ください。



試験状況全景(筋かい耐力壁)

1層目筋かいの座屈

画像計測用マーカー



 
試験状況全景 (面材耐力壁)
 
1層目面材のはがれ
 
画像解析

お問い合わせ

中央試験所・構造グループへの
お問い合わせ
● お電話でのお問い合わせ 電話048-935-9000
● ファックスでのお問い合わせ ファックス 048-935-1720


CLT・コンクリート複合床の曲げ試験

当センター西日本試験所にて、広島大学・森拓郎准教授の監修のもと行った、木質系複合床の実大曲げ試験を紹介します。

試験体

試験体は、CLT(Cross Laminated Timber)と鉄筋コンクリートで構成された木質系複合床です。


試験体(CLT)

試験体(コンクリート打設状況)

試験体(完成状況)

方法

同じ仕様の試験体を2体作製し、以下のように試験しました。

 試験体①:2018年2月に曲げ試験を実施
 試験体②:2018年4月にクリープ試験を開始、2021年10月におもりを除荷し、同年12月に曲げ試験を実施


クリープ試験状況

曲げ試験状況

曲げ試験の結果速報

長期クリープ試験を行うことで、力学特性がどのように変化するかを比較した結果、その違いはばらつきの範囲内であることが分かりました。
※詳細の結果は、2022年2月に公開予定です。


比較試験結果

詳しくはこちら

YouTubeに詳細の映像を公開しています。

前編

前編

動画の再生がうまくいかないときはこちらから視聴いただけます
(YouTubeが起動します)

後編(2022年2月公開予定) 

 

お問い合わせ

西日本試験所への
お問い合わせ
● お電話でのお問い合わせ 電話0836-72-1223
● ファックスでのお問い合わせ ファックス 0836-72-1960

ホームページからのお問い合わせ