本文へスキップします。

【全・smt用】ヘッダーリンク

【全・共通】ヘッダーリンク

カスタム検索

【全・smt用】カスタム検索

H1

セメントモルタル

コンテンツ

セメントモルタルの試験は、個々の構成材料の品質試験とセメントモルタルとしての性能試験に大別されます。試験方法は、いずれの試験もセメントの物理方法(JIS R 5201)を基本としたものですが、材料の用途・使用目的に応じて各種の性能試験が付加されます。

中央試験所・材料グループ

へのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話048-935-1992

ファックスでのお問い合わせ

ファックス048-931-9137

西日本試験所

へのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話0836-72-1223

ファックスでのお問い合わせ

ファックス0836-72-1960

試験項目

試験内容

試験項目

試験方法・規格

混和剤 建築用セメント防水剤 調合、凝結、安定性、強さ、吸水、透水 JIS A 1404*1
セメント混和用ポリマーディスパージョン及び再乳化形粉末樹脂 外観、密度、pH、粘度、不揮発分、曲げ・圧縮強さ、接着強さ、吸水率、透水量、長さ変化率 他 JIS A 6203*1
左官材料 セメント系下地調整塗材 低温安定性、単位容積質量、軟度変化、耐ひび割れ性、ひび割れ抵抗性、耐衝撃性、曲げ・圧縮強さ、付着強さ、吸水量、透水量、長さ変化、耐久性 等 JIS A 6916*1
既調合軽量セメントモルタル 練上り率、軟度変化、凝結時間、曲げ強度、吸水量、透水量、長さ変化 JASS 15M-102*2
セルフレベリング材 フロー値、凝結時間、圧縮強度、下地接着強度、長さ変化、表面接着強度、衝撃 JASS 15M-103*2
充填材料 プレパックドコンクリート の注入モルタル 流動性(P漏斗による方法)、ブリーディング率、膨張率(ポリエチレン袋方法)、圧縮強度 JSCE-F 521*3 JSCE-F 522*3
JSCE-G 521*3
PCグラウト 流動性(J漏斗による方法)、ブリーディング率、膨張率(ポリエチレン袋方法)、ブリーディング率、膨張率(容器方法)、圧縮強度 JSCE-F 531*3 JSCE-F 532*3
JSCE-F 533*3 JSCE-G 531*3
充てんモルタル 流動性ブリーディング率、膨張率、圧縮強度 JSCE-F 541*3 JSCE-F 542*3
JSCE-G 541*3
補修材料 初期補修用プレミックスポリマーセメントペースト ひび割れ、防食性、接着強さ(標準・温冷繰返し) 都市再生機構
初期補修用プレミックスポリマーセメントモルタル

単位容積質量、保水性、接着強さ(標準・温冷繰返し)、曲げ強さ、透水性、

中性化

都市再生機構
左官材料 タイルモルタル 保水率、単位容積質量、接着強さ(標準・温冷繰返し)、長さ変化率、曲げ強さ 都市再生機構
混和材 左官用モルタル混和材料 ワーカビリチ、保水性、凝結、空気量、曲げ・圧縮強度、付着強度、収縮率 都市再生機構

補修・

充填材料

無収縮モルタル コンシステンシー、ブリーディング、膨張収縮、凝結、圧縮強度、付着強度 JHS 312*4
エアモルタル、エアミルク コンシステンシー(ロート法、シリンダー法)、空気量、圧縮強度 JHS 313*4
左官材料 既製調合モルタル(タイル工事) 保水率、単位容積質量、接着強さ(標準・温冷繰返し)、長さ変化率、曲げ強さ 公共建築協会基準
ポリマーセメントモルタル 調合、だれ、曲げ・圧縮強さ、接着強さ(標準、湿潤、低温)、透水性 公共建築協会基準
既製調合目地材

保水率、長さ変化率、吸水量、

単位容積質量

公共建築協会基準

補修・

充填材料

鉄筋柱下無収縮モルタル コンシステンシー(Jロート)、ブリーディング、膨張収縮、凝結時間、圧縮強度、付着強度、塩化物量 公共建築協会基準
無収縮グラウト材 コンシステンシー(Jロート)、ブリーディング、膨張収縮、凝結時間、圧縮強度、付着強度、塩化物量 公共建築協会基準

*1:日本工業規格 *2:日本建築学会 標準仕様書・同解説 JASS15 *3:土木学会規準*4:日本道路公団規格