本文へスキップします。

【全・共通】ヘッダーリンク

カスタム検索

H1

環境技術実証事業(ETV)

コンテンツ:環境技術実証事業(ETV)

環境技術実証事業の概要

既に適用可能な段階にあり、有用と思われる先進的環境技術でも環境保全効果等についての客観的な評価が行われていないために、地方公共団体、企業、消費者等のエンドユーザーが安心して使用することができず、普及が進んでいない場合があります。

環境技術実証事業とは、このような普及が進んでいない先進的環境技術について、その環境保全効果等を第三者機関が客観的に実証する事業です。

本事業の実施により、ベンチャー企業等が開発した環境技術の普及が促進され、環境保全と地域の環境産業の発展による経済活性化が図られることが期待されます。

環境省・環境技術実証事業websiteより)


「実証」とは

  • 「実証」とは、環境技術の開発者でも利用者でもない第三者機関が、環境技術の環境保全効果、副次的な環境影響、その他を試験等に基づき客観的なデータとして示すことをいいます。
  • 「実証」は、一定の判断基準を設けて、この基準に対する適合性を判定する「認証」とは異なるものです。

環境省・環境技術実証事業websiteより)

コンテンツ:環境技術実証事業(ETV)2

ヒートアイランド対策技術分野(建築物外皮による空調負荷低減等技術)

当センターが関わっている分野の環境技術実証事業は、ヒートアイランド対策技術分野です。

その中の一つである、建築物外皮による空調負荷低減等技術について、実証を行っています。

この分野で対象としている技術は、「建築物に後付けで取り付けることができる外皮技術で、室内冷房負荷を低減させることによって人工排熱を減少させるなど、ヒートアイランド対策が得られるもの」とされています(ただし、緑化は除く)。

その代表としては、窓ガラスに貼付するフィルム(遮へい性能を向上させたもの)や、塗料(日射反射率を高くしたもの)が挙げられます。


地球温暖化対策技術分野(照明用エネルギー低減技術)

当センターは、平成23年度環境技術実証事業において、地球温暖化対策技術分野(照明用エネルギー低減技術(反射板・拡散板等))の実証機関として、実証を行っています。

この分野で対象としている技術は、「光源の周辺に設置する反射板又は拡散板で、光源から発せられる光束を効果的に反射・拡散することによりエネルギー消費量の低減効果が得られるもの」とされています。


環境技術実証事業ロゴマーク

本実証事業を一般に広く普及させ、環境技術の普及を促し、環境保全と地域の環境産業の発展による経済活性化が図られることを目的として、ロゴマーク:環境省環境技術実証事業ロゴマーク(以下単に「ロゴマーク」という。)が定められています。

実証機関が作成する実証試験結果報告書が承認されると、環境技術実証事業ロゴマークを使用することができます。

logoJPN_URLsmall.jpg


ロゴマークに関する詳細情報

その他詳細については、環境技術実証事業サイトに記載されるロゴマークの活用について(http://www.env.go.jp/policy/etv/logomark/index.html)、または、平成25年度環境技術実証事業実施要領 (http://www.env.go.jp/policy/etv/system/index.html)をご参照下さい。


環境技術実証事業

に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話048‐920‐3814

ファックスでのお問い合わせ

ファックス048‐920‐3821