本文へスキップします。

【全・共通】ヘッダーリンク

カスタム検索

H1

事業一覧

コンテンツ

建築物・土木構造物に使用される材料、部材、建具などのユニット製品、設備機器などを対象に材料・構造・防耐火・環境試験を行っています。
建築・土木工事に使用されるコンクリート・モルタル・鉄筋・鋼材・アスファルト・路盤材等の試験、耐震診断に関連したコンクリートコアの強度試験・中性化試験、住宅基礎コンクリートなどの品質管理試験を行っています。
「建築基準法」に基づく性能評価・型式適合認定、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく試験の結果の証明・住宅型式性能認定、及び高齢者福祉施設の安全に係る基準適合証明や建設資材・技術等の適合証明を行っています。
ISOなどの国際規格に基づくマネジメントシステム(ISO9001、ISO14001、ISO50001、ISO39001、OHSAS18001)の認証及び東京都・埼玉県の「排出量削減義務と排出量取引制度」に基づく温室効果ガス(GHG)の排出量検証を行っています。
「工業標準化法」に基づく登録認証機関として、建築・土木分野を中心とした製品及び加工技術のJISマーク表示の認証を行っています。
コンクリート構造物の品質の確保に貢献するため、工事現場における試験技術者・技能者の育成、技量の認定に関する業務を行っています。
JIS原案作成団体としてJISの原案作成及び維持管理やISO/TC146/SC6、ISO/TC163/SC1の国内事務局を運営するなど、国内外の標準化活動を行っています。また、当センター独自の団体規格として「建材試験センター規格(略称:JSTM)」の制定を行っています。
建築・土木分野における各省庁(経済産業省、国土交通省、環境省など)の政策や、民間企業からの技術開発などを支援する調査・研究事業を行っています。
環境省で実施する環境技術実証事業の「ヒートアイランド対策技術分野(建築物外皮による空調負荷低減等技術)」、地球温暖化対策技術分野(照明用エネルギー低減技術)の実証機関として事業を行っています。
JCSS(計量法校正事業者登録制度)に基づく校正事業者及び国際MRAに対応した校正事業者として、熱伝導率、一軸試験機について国家計量標準へトレースされた校正を実施しています。
同一条件で作製したサンプルまたは同一のサンプルについて、対象となる複数の試験所及び校正機関において試験を実施し、試験所の能力・精度の比較を行うものです。